2017年9月21日(大潮)

今年のサケは昨年よりも不漁で、サケよりもブリがたくさんとれたりと秋の味覚に異変が起きていますね。

数釣れた日もあったみたいでしたが、ウトロ沖のサケも調子が悪いみたいで、かなり厳しかったようです。

 

台風18号が過ぎた後に状況が上向き、たくさん釣れることを期待してTakaさん、Nさんとウトロ沖へ向かいました。

駐車場で2時間ほど仮眠を取り、午前4時には準備を進めます。

漁協前から遊漁船が次々と入れ替わり出港していきます。

今回、お世話になりました遊漁船は8月のオオカミウオ釣行と同じ牛若の小田桐船長さんです。

急いで荷物を積んですぐに出港!

準備中や移動中は雨が降っていたが、次第に止んできた。

スマホの電波が届かなくなり、出港から1時間ほどでポイントに到着。

先に出港していた遊漁船たちがポイントに固まっていた。

サンマのぶつ切りを付けたあと、船長の開始の指示が出て早速仕掛けを沈めたいところだったが、電動リールを使うのは初めてでパール工房の工藤さんのレクチャーを受けながらリールの使い方を覚えていきます。

最初のうちは電動リールの扱いに慣れず、ちょっと苦労しました汗

開始後すぐにNさんがマフグをキャッチ!エサ取りの登場です。

9月上旬から厳しいと言われていただけあってどこの船も上がっている様子はなく小移動を繰り返した。

 

たまに船長がサケの群れが来たとのアナウンスがあっても誰一人掛かることもなく時間ばかり過ぎていった。

僕にもアタリはあったが、もちろんエサ取りのマフグだった。

サケの変わりにたくさんの外道が上がっていました。

Takaさんはエビでおいしそうなコマイを5匹キャッチしておりました!

写真にはないですが、Nさんはソウハチ、シマゾイ、ガヤ等を釣っていました。

 

天気も良くなり、後半戦では潮が早くなり状況が悪化する一方で、二つ隣の方が一本キャッチしていた。

その後も隣で1本上がり、次は掛からないかなと少し前より真剣になって竿を振った。

 

僕は最後まで釣れませんでしたが、Takaさんがやってくれました!

鮭鱒に愛されているTakaさんの竿が大きくしなっています!

大きいフグであってほしい(笑)と思っていましたが、上がってきたのはオスでした!

激渋の中、おめでとうございます(^^)

お昼になり、延長になりましたが、その後は1本あがっただけで船中4本で帰港しました。

 

帰港中は観光も楽しみつつ、睡魔に耐えきれずクーラーの上で爆睡Zzzz・・・

 

 

午後2時過ぎにお開きとなりました!

 

Takaさん、Nさん、工藤さんお疲れ様でしたm(__)m

 

ブログを見ていただきありがとうございますm(__)m