2011年7月10日

最近は釣りに行けてないので過去の釣行記でも・・・

文章多めですm(__)m
当時、まだ大学生だった頃、渓流の本流延にハマっており、札幌近郊の川に頻繁に出撃していました。
この日は丁度、夕方前には講義が終わった為、帰宅後荷物を積んで尻別川へ向かいました。
天気は雨で湿気もあり、かなり良さげな状況で期待していました。
途中、釣具屋で太めのミミズを購入し、現地に着いたのは午後5時ごろ。
早速河川を見ると予想通り、やや増水しており、そして濁っていました。
この日は大物が来てもおかしくないなと思い、最初の深みを探ると小ニジやウグイが来たのですぐに下りました。
時間もあまりないので深みのないところは全て無視し、ある程度下ると中々良さげな場所を発見!
ミミズもまだ結構余っていたので房掛けし、投入。
一投目でモソモソとアタリがあったので大物かもと思い軽くアワセると
下流へ力強く走る魚!そして重量感のある引き!
道糸は0.6号のナイロンだったので力任せだとラインブレイクしてしまう・・・!
こちらが主導権をとるのは不可能なので先ずは主導権は魚へ、
そして下流の流れの緩い場所へ走ってくれるよう誘導させます。
下流にフライマンが釣りをしており、私を見て応援してくれています。
絶対にラインブレイクだけは避けたいので魚の引きに任せ、下流へ引っ張られる自分。
延べ竿なのでリールは勿論ありません、限りのある道糸の長さで対応しないといけません。
少しでも焦ったり、早まるとこちらの負けです。
ヒットから5分ほどでなんとか流れの緩い場所へ誘導出来ました。
時折、ニジマスの魚体のレインボーの部分が見えます。
この時は全体は見えませんでしたが、魚体の一部が見えました。デカく、そして太いのがわかります。
ゆっくり後退すると下流へ太っているとは思えないほどの速さで逃げようとするニジマス、
まだまだ体力は有り余っておる様子です。
さらに下流へ持っていかれますが、下流は浅いのでそこまで不利ではなさそうです。
本当にゆっくり下がり、そして下へ走られるのを20回ほど繰り返します。
フライマンはいつでもランディングできる準備をしておりますが、あともう少しのところで走られます。
ランディングよりも確実に弱らせることを優先し、さらに時間を掛けます。
あと一歩のところまで来ても体をくねらせるので油断は出来ず、もう少し走らせます。
そして、完全にバテタところでランディング成功しました!
魚体見てこれはデカい・・・!二人でびっくりしてました笑
計測したところ58センチでした!(^^)
サイズよりも体高の高さ、そして太さがありとても価値のある1匹となりました。
ファイト時間は30分はかかっていると思います。
フライマンにお礼をした後、満足しながら帰宅しました!
過去の釣行はまたそのうちUPします~(*´-`)
ロッド:シマノ スーパーゲーム パワースペック ZS HH90

ライン:ナイロン0.6号

いつも、ブログを見ていただきありがとうございますm(__)m