2017年6月18日(小潮)

積丹方面ではショアブリで盛り上がっている中、自分もその中に混じりたくて青物を狙いに23時半に国道5号線を走らせた。

しかし、銭函を走行中に気が変わって北上することにした。

前回の釣行で入ったポイントは初めて行きましたが、初めて行ったポイントは再度行きたくなる癖があり、釣れなくてもよいのでもう1回そこで釣りしてみたいと感じたので国道337号線へ向かった。

 

オロロンラインは信号が少なくて快適で、深夜2時半には到着した。

 

現地では車がたくさん停まっており、準備する人もいたので自分もすぐに準備に入った。

外は涼しくて少し歩いたら暑くなるだろうと思い、半袖のまま荷物を担いでサーフへ向かった。

 

波はべた凪ではないものの、水位が低くて厳しいのはなんとなく予想が付いたが、1枚でも釣りたくて小さな流れ出しで開始。

風はほぼ無風で流れ出しは少々濁りがあった。

 

    

いつも使っているルアーウェイト50グラムロッドはガイド交換中の為、今回はルアーウェイト70グラムのロッドを使用。

グローが入ったAKcraft”Mari40g”をセットして光を当ててからキャストした。

 

片側はオールピンク

もう片方はゼブラが入っています。

光を浴びせると・・・こんな感じとなります(^^)

最初の1投目で着底後にワンピッチジャークで誘い、3回目でヒラメらしき魚が食ってきたが乗らなかった。

夜が明けてきたが、それっきりで反応が無かった。

サーフを歩いているとNature FishingのJUNさん偶然会いました!

状況を聞いてみたところ、ソゲ1枚しか上がっていなかったとの事です。

釣り人は30人ほどいたが、誰もヒラメをキープしている様子はなく5時を過ぎてからは一気に減っていた。

釣れないだろうなと思いつつ、移動を繰り返して粘ったが何もなく心が折れて納竿した。

 

【使用タックル】

ロッド:カーディフモンスターリミテッド110P
リール:ヴァンキッシュ 4000xg
ライン:よつあみ G-soul X8 UPGRADE 1.2号
リーダー:サンヨーナイロン  ナノダックス5号



 ブログを見ていただき、ありがとうございましたm(__)m